コピー機のコストと保守について

main-img

コピー機のコストと言うと、導入費用や消耗品の費用、電気代や維持費用といったものが挙げられます。



コピー機は精密機器ですので、定期的なメンテナンスとなる保守が重要です。



オフィスには数台のコピー機が導入されている場合などでも、1台ずつ保守契約を結んで定期的にサービスマンにメンテナンスを依頼する形になるのが特徴です。



この保守契約と言うのは、代理店や販売店毎に金額や保守内容などが異なるのが特徴です。



そのため、幾つかの会社を比較をして保守契約の内容や金額を比較する事でコストを下げる事が出来るのです。
また、故障が起きた時には膨大なコストがかかることも有ります。



しかし、保守契約の中で定期的に行われるメンテナンス費用、サービスマンの出張費用や技術費用、修理費用、そして交換部品の費用などが全て含まれているものを選ぶ事で、万が一、故障が起きた時のコストを下げる事が出来ると言う事なのです。



因みに、保守契約の一つにスポット保守契約と呼ばれるものがります。

スポットと言うのは必要な時にだけお金が掛かると言うもので、故障などが無ければお得な契約なのですが、月々の支払いが安いため、スポット契約を結んで導入をした場合、万が一、故障が起きた時の修理などの費用が全額負担と言う形になるのです。



そのため、スポット契約と言うのはよほどのことが無い限り利用すべきではない契約スタイルであり、一般的には修理費用などが含まれている契約を結ぶ事で、いざと言う時のコストを下げる事が出来るのです。



関連リンク

subpage01

コピー機のコストと保守について

コピー機のコストと言うと、導入費用や消耗品の費用、電気代や維持費用といったものが挙げられます。コピー機は精密機器ですので、定期的なメンテナンスとなる保守が重要です。...

more
subpage02

コピー機を最もコストを抑えて入手するには

コピー機のコストを考えるとリース、レンタル、あるいは一括もしくは分割で購入する等どの方法がいいのでしょうか。まず短期間のみの利用を考えている場合はレンタルを利用することが最も得策です。...

more