コピー機を最もコストを抑えて入手するには

main-img

コピー機のコストを考えるとリース、レンタル、あるいは一括もしくは分割で購入する等どの方法がいいのでしょうか。



まず短期間のみの利用を考えている場合はレンタルを利用することが最も得策です。



不用になった場合には中途解約も出来ますしので、利用した分だけの料金を支払うといったことになります。
では長期間あるいはこの先ずっとコピー機の利用を検討されている方にとっては、リースあるいは購入のどちらにメリットがあるのでしょうか。


最終的なコスト面から考えますと一括購入することが最も総支払額を抑えることが出来ます。



さらに分割購入の場合でも総支払額はリースよりも抑えられます。



ただし一括購入する場合には全額用意しなければいけませんので、それだけの資金的な余裕がありませんと難しいです。



リースのメリットとしては初期費用が安く済むことです。

コピー機が必要なケースには起業したり新規の事務所を開いた時などが想定されますが、そのような時はあまり余計なコストは負担したくありません。



ですので起業や事務所をオープンした際には負担を抑えられるリース契約は大変助かります。

しかし初期費用や月々の負担は抑えることが出来ますが、最終的なコスト面ではコピー機を購入した場合よりも金額は大きくなることを認識しておかなければいけまえせん。



コピー機の入手方法は、利用期間や月々に負担可能なコスト、最終的な支払額や所有権の有無などを考慮して契約する必要があります。



関連リンク

subpage01

コピー機のコスト、会議資料を例にして考えると

コピー機にかかるコストと言うのは、トナー料金、電気代、そしてコピー用紙などになります。しかし、実際のコストと言うのはこれだけではなく、保守契約により異なりますが、コピー1枚あたり幾らと言うコストが必要になってくるのです。...

more
subpage02

コピー機のコスト管理について

コピー機をオフィスに導入しようとする場合にはいくつかの選択肢が存在しています。かつてはコピー機本体の購入に加え、必要となる消耗品であるトナーも買取を行うというのが一般的でしたが、この方法はかなり大きなイニシャルコストがかかるため、一般的に採用している企業はあまりありません。...

more