コピー機のコスト、会議資料を例にして考えると

main-img

コピー機にかかるコストと言うのは、トナー料金、電気代、そしてコピー用紙などになります。



しかし、実際のコストと言うのはこれだけではなく、保守契約により異なりますが、コピー1枚あたり幾らと言うコストが必要になってくるのです。
コピー機をどのような形で導入しているのか、カラー対応のコピー機なのか、それともモノクロ機なのかにもよりますが、モノクロ機の場合はA4サイズ1枚あたり5円から8円の費用がかかります。



また、カラー対応機の場合は1枚あたり30円から60円と言う金額になると言われており、如何にカラーコピーが高いかが解ります。



コピーと言うのは原稿を複写する目的で利用するOA機器ですが、1か月にどれくらいのコピーをとるのかを集計しておくことは大切です。


また、1枚当たりのコストを考えた場合、不要なコピーは極力止めると言う事も経費を削減する方法の一つでもあるのです。



最近はパソコンを利用して文書を作成する機会が多く在ります。



パソコンで作成した文書はプリンターを利用して印字を行って使う事になります。また、会議の資料などを作成する場合も、会議に必要な文書をプリンターを利用して印字して原本を作り上げます。

プリンターと言うのはレーザー方式の場合は、A4サイズ1枚当たり約3円と言います。



これはトナーなどの費用やプリンター用紙(コピー用紙)、電気代などからもこの金額になりますが、これはコピーをするよりも安い金額になっています。



すなわち、会議の資料の原本をコピーする事でどれだけ無駄な経費を使っているかと言う事なのです。

もし、プリンターを利用して資料を作成すればかなりの経費削減に繋がることになるのです。



関連リンク

subpage01

コピー機のコスト管理について

コピー機をオフィスに導入しようとする場合にはいくつかの選択肢が存在しています。かつてはコピー機本体の購入に加え、必要となる消耗品であるトナーも買取を行うというのが一般的でしたが、この方法はかなり大きなイニシャルコストがかかるため、一般的に採用している企業はあまりありません。...

more
subpage02

コピー機を最もコストを抑えて入手するには

コピー機のコストを考えるとリース、レンタル、あるいは一括もしくは分割で購入する等どの方法がいいのでしょうか。まず短期間のみの利用を考えている場合はレンタルを利用することが最も得策です。...

more