コピー機のコスト管理について

main-img

コピー機をオフィスに導入しようとする場合にはいくつかの選択肢が存在しています。



かつてはコピー機本体の購入に加え、必要となる消耗品であるトナーも買取を行うというのが一般的でしたが、この方法はかなり大きなイニシャルコストがかかるため、一般的に採用している企業はあまりありません。



その代わりに人気が高まっているのはリース契約による導入とカウンタ料金によるコスト管理であると言えます。



リース契約と言うのはリース会社に購入してもらい、それを導入する仕組みです。



このことによりリース会社に毎月一定の金額を支払う必要がありますが、購入することを考えればわずかな金額であるということが出来ます。
また大きな買い物になりますが所有権がリース会社にありますので固定資産として帳簿に挙げる必要がないどころかリース代金を経費として計上することが出来ます。

その様な意味で非常にメリットの多い仕組みであるということが出来るでしょう。



またコピーに関してもトナーの購入ではなくカウンタ料金と呼ばれる方法が最近では賢い方法として知られています。この契約はトナーを購入して運用するのではなく、お店でコピーするのと同じように今飯倉での契約をする仕組みになっています。



そのコスト面は一枚1〜3円程度と非常に安く、使った分だけ支払うという分かりやすい仕組みでコピー機のコスト管理が出来るようになるのです。



この様なメリットがあるため、リース契約とカウンタ料金は人気が高くなってきています。



関連リンク

subpage01

コピー機のコスト管理について

コピー機をオフィスに導入しようとする場合にはいくつかの選択肢が存在しています。かつてはコピー機本体の購入に加え、必要となる消耗品であるトナーも買取を行うというのが一般的でしたが、この方法はかなり大きなイニシャルコストがかかるため、一般的に採用している企業はあまりありません。...

more
subpage02

コピー機を最もコストを抑えて入手するには

コピー機のコストを考えるとリース、レンタル、あるいは一括もしくは分割で購入する等どの方法がいいのでしょうか。まず短期間のみの利用を考えている場合はレンタルを利用することが最も得策です。...

more